niwkrの気ままなブログ

パソコン(win/mac)、家電、スマホ、ニュース、CNC、電子工作、雀酔などに関わる日記です。
(Youtubeのniwkrアカウントは他人です。)

タグ:USB

5V2.1Aタイプでスマホの充電に使用していたがある日から充電してもバッテリーが減るという症状。

その場しのぎ程度と考えた方が良い。

耐熱も耐圧も疑わしい。

長く使いたいなら餅は餅屋でカーショップで売っている名の知れたメーカーの物が良いだろう。

スマホが壊れたり車のヒューズが飛んだりと最悪の状態になるかもしれない。

同様にAC電源からUSBの物もそれなりの物と考えた方が良い。



日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スマホの充電ランプが点かなくなり充電が出来なくなった。

ググってみると同じような案件が多い。

自分なりに原因を推察するとMicro USBの形状と使い方に問題がある。

現在のスマホではMicro-Bタイプが多いと思うが作りが細かいので斜めに挿すと電源や信号がショートする可能性がある。

使い方としてはAC電源側(供給側)は挿したままでスマホのMicro USBを抜き差しして使う場合が多いだろう。

この二つの条件でスマホ本体の保護回路が働くか暴走、最悪壊れるのではないかと思う。

大体の場合は再起動で充電できるようになる。

一旦おかしくなったスマホの電池を外すか電源をオフにしてスマホ側のMicro USBを最初に挿して電源供給側を後から挿すようにする。

これでMicro USBを挿すときに良からぬ接触があっても電源が繋がっていないので問題が無い。

また、少々斜めから入っても奥まで挿せば定位置なのでOK。

その後で反対の電源供給側のUSB Type AやACアダプタを挿す。

これで再び充電出来る様になってだましだまし使っている。

新しくスマホやタブレットを購入した時はMicro USBの扱いには注意した方が良さそうだ。

『接続はスマホ側が先で電源側が後、外すときは電源側が先で本体側が後』



日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋月で先日買った「USBコネクタDIP化キット(Aメス)」だが。
USB-Aメス
※写真は秋月電子通商より引用

USBケーブルのA-Aタイプを持っていないことに気づいた。

パソコンはAタイプだから基板側も Aでいいよなって安易に思ったら持っているのはBタイプやマイクロばっかりや。

ダイソーに行ったがA-BやA-Micro等しか無い。

ヤマダ電機に行ったら高価なA-Aが在ったが遊びには高すぎる。

結局amazonでマイクロタイプのDIP対応の10個セット180円(送料無料)で注文した。

中国からの発送で15日くらい掛かりそうだ。

ところが、注文した後で気づいた。

どうせブレッドボードに繋いで使うのだ。

だったらダイソーで適当にA-BやA-Microを買って切断してピンヘッダーを付ければいいのだ。

しかも、ピンヘッダーも圧着工具(株式会社 エンジニア PA-21)も持っている。
Header Connector
※写真はBanggoodより引用
PA-21
※写真は株式会社 エンジニアより引用

USBケーブルはUSBコネクタに繋ぐという概念が判断を誤らせた。

流石に15日は待てないからダイソーで買ってこよう。

amazonの奴はストックして置くことにしよう。

何れユニバーサル基板でも遊べるだろう。



日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ