先日購入したPICkit3のcloneで書き込みを行なった。

一回目は問題なかったが二回目(翌日)から下記の様にエラーが出る。

PICkit 3 is trying to supply 5.000000 volts from the USB port, but the target VDD is measured to be 4.750000 volts. This could be due to the USB port power capabilities or the target circuitry affecting the measured VDD.」 

供給している電源電圧が設定よりも下がってしまいエラーになっているようだ。

これがcloneによるものかどうかはわからない。ただ怪しい。

このclone PICkit3はVDD_TARから74LVC1T45のVCCB(6pin)の間の100ohmは既に無いバージョン。

PICを外した状態で下がっているのでデバイスは関係ないようだ。

基板を見たが小さくて見えない。

回路図を見ると3.3V電源はLow Dropout (LDO) linear regulatorで正確に作られているが5V電源はUSBからのものをそのまま利用している。

よって基準にしている5V電源がズレているので設定値もずれる。
またClone PICkit3は部品が厳選されていなく電圧降下が余計にあると思われる。

取り敢えず外部電源を利用すると問題なく書き込みが出来た。

その場合はくれぐれもUSBからの電源供給の設定はOFFにしておこう。

もし、外部電源を利用したくないならば電源供給タイプのACアダプタ付のUSBハブを使うのが良いと思う。
5Vが正確に出るものでなければならない。
しかし、同じ様な現象が起こるかどうかは確認しないとわからない。
ZIF




日々の出来事ランキング