雑誌とかの広告で開運グッズが購入者の写真付きで掲載されていて
消費者庁が写真の人物の連絡先を業者に尋ねても回答ができず業務停止命令と
なるケースが多いようだ。

札束を手にして宝くじが当たったとか彼女ができたとかいう如何わしい広告があるが、
業者の方はそれを信じる人をお客さん(笑)として選別しているとのことです。 

くれぐれも、お客さんにならないように

ちなみに、新興宗教にも同じような手法で水を飲んだら病気が治ったとかあるようですね。 

こうゆう人の弱みに付け込んだ記事などには注意してください。

東北地方の人には九州の実在しない人の体験談(捏造)を掲載した会報を送り
信用させるようですね。その逆もあり。

信仰は宗教がなくてもできる。


ニュース全般 ブログランキングへ