niwkrの気ままなブログ

パソコン(win/mac)、家電、スマホ、ニュース、CNC、電子工作、雀酔などに関わる日記です。
(Youtubeのniwkrアカウントは他人です。)

2017年10月

ナイフメイキングの時に名前入れをしたい場合があるだろう。

ステンシルを外部発注する方法もあるだろうが自分で出来そうなことを考えてみた。

電解マーキングに使用する電源は直流電源で12Vくらいでよいと思う。

カーバッテリーやその充電器や普通の電源などを使用し電解水は塩水とする。

+をナイフに接続しーの端に不織布等を巻いて塩水をつける。

ステンシルはマーキングしたいところだけ穴が開いていればよい。

そこでいくつか考えた。

1.ネガを作成してコピー機で濃い目に印刷してアイロンでトナーを貼り付ける。
  プリント基板を簡単に作る時に用いられる方法

2.ガリ版のロウ原紙・・・鉛筆で書くようにデザインできる。筆記体の文字などよいかも。

3.Brother P-touchラベルプリンター+ステンシルテープ

参考動画

こういうテープがあるんだな。パソコンで作成出来るなら有用かも。

4.カッティング機・・・細かなデザインには向かないかも


5.UVジェル+OHPネガ+UVランプ

外注せずに出来そうですね。

ナイフを作る時にどれかでやってみたいです。



日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

小学生の頃、鉛筆削りと言えば肥後守でした。

今では銃刀法違反になりそうですね。

日本では何でもかんでも規制で嫌になります。

アメリカでは銃の所持が認められているのでカッターナイフやナイフを所持なんてなんともないでしょうね。

車の中に緊急脱出用(シートベルト切断)にカッターナイフを置いておいても捕まりそうですね。
これとか窓ガラスを割るのにも便利そうなんですけどね。
カッターナイフ

法律が曖昧で警官の判断でどうにでもなるから困ります。



日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Macの外付けHDDにWindows10を入れて使っているが更新時にエラーが出た。
MacbookPro 2012Mid
エディション Windows10Pro
バージョン 1607
OSビルド 14393.1770

Windows 10、バージョン 1703 の機能更新プログラム(KB4025342)。

「セットアップを使用してusbフラッシュドライブにwindowsをインストールすることはできません」

これが出ている。

まぁインストール先がUSBのHDDなので間違っていないからな。

なんとか出来ないか調べてみたら出来たので書きます。

Windowsのスタートから右クリックでファイル名を指定して実行を選ぶ。

regeditを実行する。

レジストリエディタの検索より「PortableOperatingSystem」を検索する。

キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet001\Control の下にあると思います。

PortableOperatingSystemを右クリックで修正を選ぶ。

値を1から0に変更する。

一応再起動する。

これで上記のエラーが出なくなり更新のインストールが出来ます。

更新には結構時間がかかります。

しかし、1703へのアップデートで
「インストールの修復を試しています」
「以前のバージョンのWindowsを復元しています」
で、元に戻ってしまう。

これは外付けHDDにインストールしていることとは関係ない問題であると思われる。

調べてみると1703の更新には色々と問題がありそうだ。
ビデオドライバーあたりが怪しい??

よって、現在は自動更新をしないように「更新プログラムの設定」の「詳細オプション」で
「機能の更新を延期する」にチェックを入れている。(Proだけの機能?)

問題が無くなったら何れ更新してみようと思う。

「Windows 10 Creators Update」のクリーンインストールという手もあるがそれも怪しそうなのでパス。

関連記事
MacbookPro外付けHDDのWindows10更新1703が出来た
Macの外付けHDDにWindows10をインストール


パソコンランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ