niwkrの気ままなブログ

パソコン(win/mac)、家電、スマホ、ニュース、CNC、電子工作、雀酔などに関わる日記です。

最近円形計算尺ベゼルのついた腕時計が気になる。
計算尺で遊んでみたいだけかもしれないが
手頃な価格帯の時計
セイコーの方はソーラー発電なので少し高いが電池交換が無いのが魅力的だ。
カシオは回転ベゼルの文字が風防の中なので文字が擦れて消えなさそう。
EF-527L-1AVEF
CASIO EF-527L-1AVEF(並行輸入品)
■EDIFICE 「エディフィス」から、スーツにもカジュアルにもマッチする本革ベルトのスポーティクロノグラフモデル【EF-527L-1A】が登場。
■ケース:ステンレス/43mm径(縦50.0×横47.0×厚み11.0mm)
■ベルト本革 レザー:幅21mm(内周 15.0cm~21.0cm対応)二つ折れ式ステンレスバックル
■機能:・アナログクォーツ式(日本製ムーブメント)・デイトカレンダー・スモールセコンド・ミネラルガラス・クロノグラフ【1/20秒積算計・60秒間積算計・60分間積算計・12時間積算計】・100M防水・精度:平均月差±20秒・スクリューバック・計算尺回転ベゼル
■重さ:84g
■備考:海外モデル

SSC013P1
SEIKO SSC013P1(並行輸入品)
■仕 様
日本製クォーツムーブメント(Cal:V172)
電池交換不要のソーラー充電
クロノグラフ
・1/5秒刻み60秒積算計(通常秒針位置)
・60分間積算計(12時位置)
ワンタイムアラーム
デュアルタイム(アラーム不使用時)
スモールセコンド(9時位置)
デイトカレンダー
10気圧防水(100m)
円形計算尺ベゼル
蓄光加工(長針・短針・秒針・ポイントインデックス)
リューズガード
スクリューケースバック
※アラームの鳴鐘音はあまり大きくありません。
■サ イ ズ
ケース : 約50×45×13mm (※リューズガード含む)
風防直径 :約35mm
腕周り : 最大約20cm
重 量:約168g
■素 材
ケース: ステンレス
ベルト : カーフレザー
風 防 :ハードレックスクリスタル

計算尺
パイロットが飛行時に必要とする計算・換算が
ベゼルの目盛りとダイアル外側の目盛りを使って容易にできる
回転ベゼル式の円形計算尺搭載。

1・掛算・割算・比例計算ができます。
2・航法計算ができます。
(速度計算・燃料消費率計算・上昇率計算など)
3・各種単位の換算ができます。
(距離系換算・燃料系換算・重量系換算など)
※円形計算尺は、簡易計算尺のため、目安としてご使用ください。




日々の出来事ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

以前購入したFire HD 8やスマホのクリーナーが欲しくなったのでドラッグストアに行った。

行ったのはコスモスだが他のドラッグストアでも同じ様な物があるだろう。

クリーナー用に買ったのが健栄製薬株式会社のイソプロピルアルコール50%Pだ。
希望小売価格が450円(税抜)なので実際にはそれより安くで買える。
イソプロピルアルコール
※画像は健栄製薬株式会社より

手先や指の消毒用のものだが市販のスマホクリーナーと成分は変わりない。
半分水なので安くて割りと安全です。

使用にあたり注意しないといけないのは半分水なので画面以外の所に流し込まないようにすることです。
マイクやスピーカーの穴に流し込むと錆の原因になります。

使用するにあたりカクイ株式会社のスキンケア用のコットン120枚入を買った。

これに染み込ませてクリーニングすると画面にも優しい。

拭いた後に水気が残るので優しくティッシュペーパーで拭き取るといいだろう。

パソコンのキーボードのクリーニングも使用しているが問題ない。

特殊なコーティングが施されているのについては注意した方が良いかもしれない。




日々の出来事ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

MacのBootcampでWindows7を50GBで使用していたが容量が少なすぎて使えなくなった。

使用機種:Macbook Pro 2012Mid (SSD 256GB)

調べてみると外付けHDDにWindows10をインストールしてEFI Bootで起動できるようだ。

因みに使用したHDDはこちらです。
BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]


現在Bootcampを使っているならばこういうエラーが出る可能性があるので削除した方が良いだろう。
一度行なったが失敗してブルー画面のエラーで失敗した。
File:\windows\system32\winload.efi
Error code: 0xc000000d

対策としてWindows7に充てていた50GBをMac用に戻した。
削除しなくても上手くいくかも知れないが保証はしません。


では、簡単な流れを書いておく。

Windows10のISOファイルをこちらで用意する。

Windows10 Anniversary updateのWindows10で良いだろう。

※パッケージのインストールディスクからISOファイルを作ってもよい。

ISOファイルを使ってBoot Camp アシスタントより
画面上の上の2つにチェックを入れてUSBメモリ(2.0)にインストールディスクを作る。
bootcamp

Windows10用の外付けHDDと上記のUSBインストールディスクを挿して再起動。
Optionを押してWindowsを選択しUSBインストールディスクを起動する。

インストール画面が出るがShift+F10でコマンドウィンドウを開く。

※誤ってコマンドウインドウが裏に行ったらAlt+Tabで切り替えて下さい。

コマンドラインより入力する。

diskpart ディスクユーテリティを起動する
list disk 容量を見て外付けHDDのディスクNoを確認する。(重要)
select disk 1 この場合1が外付けHDDを表す。各自の環境に合わせて下さい。
list disk *の位置を確認する。セレクトしたディスクに*が付いている。
clean これで*が付いたHDDが初期化される。
convert gpt GPTにする。
create partition efi size=256 256MBをEFIに充てる。
format fs=fat32 quick label="EFI" FAT32にフォーマットしてラベルをEFIとする。
assign letter=S Sドライブに指定する。
create partition primary size=300000 300GBをWindows用に確保。
format fs=ntfs quick label="Windows" NTFSにフォーマットしてラベルをWindowsとする。
assign letter=I Iドライブに指定する。
create partition primary 残りをMac用にする。ここはそれぞれの使い方に合わせて。
サイズを省略すると残り全てが割り当てられる。
format fs=exfat quick label="MacHD" ExFATフォーマットしてラベルをMacHDとする。
※後でMacのディスクユーティリティで消去してMac OS拡張(ジャーナリング)にする。
list volume 設定したボリュームの確認が出来る。
Windowsに割り当てられたドライブ名(I)とEFI(S)とUSBインストールディスク(D)を確認する。
それぞれのドライブ名は各自の設定と環境で異なるので確認して下さい。
exit ディスクユーティリティから抜ける。
cd x:¥windows¥system32
dism /get-wiminfo /wimfile:D:¥sources¥Install.wim DがUSBインストールディスクの場合
これでインストールするindex Noを見る。 Pro(1) or Home(2)など。
dism /apply-image /imagefile:D:¥sources¥Install.wim /index:1 /applydir:I:¥
インデックスNo1をIドライブにインストール
時間が掛かります。100%まで待ちましょう。
bcdboot I:¥windows /s S: /l ja-jp /f UEFI Sドライブに起動ドライブIの情報を書き込む
exit コマンドラインを終了する。

USBインストールディスクを抜く。
Windows10のインストールウインドウの右上をクリックして終了させる。
再起動してOptionを押す。
EFI bootが表示されるので選んで起動。
※上手く表示出来ない時は再び再起動してOptiionを押して下さい。

Windows10のインストール設定が行われますので再起動が何回か必要になります。
その度にOptionキーを押してEFI bootを選んで下さい。

全ての設定が終わってWindows10が起動したらUSBインストールディスクを挿して下さい。
USBメモリを修復してくださいとか出ても無視して下さい。
Bootcampフォルダを開いてsetupを管理者権限で開いてドライバをインストールして下さい。
再起動を行えばドライバが適応されます。

Updateの更新に時間が掛かります。
ウイルス用の更新も済ませる。

プロダクトキーはこの後にでも入力すればOKです。

試しにWindows7のプロダクトキーを入れたら行けたので購入する必要が無くなった。
※何回か失敗したけど最後の一回のつもりでやったら大丈夫だった。何でだろう。

これでWindows10が外付けHDDからの起動で使えます。(Option起動)


ところで外付けHDDを挿したままMacを起動するとWindowsドライブとMacHDドライブが表示されます。

MacHDはMacで使いたいのでMacのディスクユーティリティよりMacHDを選んで消去を押します。

その時にフォーマット形式をMac OS拡張(ジャーナリング)にする。

Windows10と共通に使いたい場合は両方に対応するフォーマットを選べば両方で使えます。

私は分けて使いたいのでデータの受け渡しはUSBメモリを使ってます。



パソコンランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ